かまぼこの老舗【鈴廣】と【タカラトミー】のコラボ商品「かまぼこトミカ」を食べました。

2023年12月13日

1.はじめに

 先日おもちゃの大手【タカラトミー】が販売する、「トミカ」シリーズの中の「プレミアムトミカ」をご紹介しました。価格は通常の「トミカ」の倍ほどしますが、クオリティはそれを大きく上回る商品でした。

「プレミアムトミカ」のご紹介

 そして今回は「トミカ」シリーズの中でも異端児となる「かまぼこトミカ」をご紹介したいと思います。

2.【鈴廣】とのコラボ商品

2-1)【鈴廣】とは

 【鈴廣】は、関東界隈に住んでいる方であれば誰もが知っている「かまぼこ」の老舗です。創業はまだ徳川幕府の時代の慶応元年 (1865年)で、6代目の鈴木廣吉さんの代に、屋号を【鈴廣】としたようです。なるほど!

 以前は、箱根の帰り道に、箱根新道を下り一般道に出ると、多くの干物屋さんやかまぼこ屋さんが立ち並んでおり、お店の方々が命がけで客引きをしていました。それがいまでは、箱根新道が小田原厚木道路と西湘バイパスに直結したので、わざわざ一般道に降りる必要はなくなりました。

 ただその一般道の先に、「鈴廣かまぼこの里」という【鈴廣】が運営する「かまぼこのテーマパーク」なるものがあります。かまぼこや干物などのおみやげはもちろんのこと、かまぼこの博物館や、かまぼこ、蕎麦、地産地消の旬な食材をつかった料理が味わえるレストラン、などがあり、わざわざ大回りして立ち寄る価値は十分にあります。

 そのパーク内のレストランでは、普段口にすることが無い「超特選かまぼこ」が、量は少ないですが1000円ほどで味わうことができます。一度食べたことがありますが、なんともいえない豊潤でプリっとした食感で、忘れることができない味でした。

 ふつうに買うと一本(板?)4000円ほどするかまぼこが、白、紅ともに味わえて1000円は、けっして高くはないと思いました。

【鈴廣】の「超特選かまぼこ」
【鈴廣】の「超特選かまぼこ」
備考:少し前の写真なので盛り付けは変わっているかもしれません。

 少し前振りが長くなってしまいましたが、今回ご紹介する「かまぼこトミカ」は、どちらから話を持ち掛けたのかはわかりませんが、この【鈴廣】と【タカラトミー】がコラボし、【鈴廣】で製造されています。

2-2)夏休み中は「トミカ」と「プラレール」とコラボ

 前述の「鈴廣かまぼこの里」では、7月21日(金)~8月20日(日)の夏休み期間に、「かまぼこトミカ」と同様に【タカラトミー】とコラボした、「トミカ・プラレールわくわくパーク」、「トミカおでかけスタンプラリー」が開催されているようです。

 「トミカ・プラレールわくわくパーク」では、「トミカ」をつりあげる「トミカつり」、「プラレール」を走らせてあみだをやる「プラレールあみだ」、「トミカ」と「プラレール」のジオラマ展示、サンバイザーをつけてトミカタウンを冒険する「トミカおでかけスタンプラリー」など、親子連れにピッタリの催し物が開催されています(一部有料)。

3.「かまぼこトミカ」を食べる

 「かまぼこトミカ」の外装箱は、ふつうの「トミカ」に比べると結構大きいです。箱のデザインやロゴなどは「トミカ」に準じています。

普通の「トミカ」と「かまぼこトミカ」の外装箱
普通の「トミカ」と「かまぼこトミカ」の外装箱
備考:普通の「トミカ」はかなり昔に買ったものです。箱が少しくたびれていてすいません。

 今回購入したのは(カミさんに買ってもらいました)、パトカーの「かまぼこ」と、バスの「かまぼこ」が、各々一本(板?)入っています。箱の横には窓が付いており、いったい「かまぼこトミカ」とはどんなものか、買う前に確認できるようになっています。

「かまぼこトミカ」の外装箱(表面と右側面)
「かまぼこトミカ」の外装箱(表面と右側面)
「かまぼこトミカ」の外装箱(裏面と左側面)
「かまぼこトミカ」の外装箱(裏面と左側面)

 箱の裏面は、まさしく食品表示で、これが「かまぼこ」であることを物語っています。

 箱の中からは、「かまぼこ」らしく板の上にのっかって出てきました。さすがに普通の「トミカ」のようなわけにはいきませんが、「かまぼこ」で精一杯パトカーとバスを再現していました。

板にのった「かまぼこトミカ」(左)と 普通のミニカーと並ぶ「かまぼこトミカ」
板にのった「かまぼこトミカ」(左)と 普通のミニカーと並ぶ「かまぼこトミカ」

 「かまぼこ」を包丁で切り、板から外すと「金太郎飴」のように、同じ形のパトカーとバスが並びました。そして本来の機能である食品としての「かまぼこトミカ」を食べてみると、さすが【鈴廣】、普段スーパーで買う「かまぼこ」とは比べ物にならない、プリッとした食感の、とてもおいしい「かまぼこ」でした。

 そもそもの企画は、お子さんの弁当に入れて喜ばすということのようですが、お父さんのつまみにも、もちろんなります。ミニカーを食べながら、おいしい酒を味わうのも、なかなか乙なものかもしれません。

盛り付けられた「かまぼこトミカ」備考:「金太郎飴」のようになっています。
盛り付けられた「かまぼこトミカ」
備考:「金太郎飴」のようになっています。
以前ご紹介した北条義時の「金太郎飴」
以前ご紹介した北条義時の「金太郎飴」


かまぼこトミカ/パトカー・バスセット かまぼこ 蒲鉾 小田原 箱根 お土産 老舗 ご当地 グルメ お弁当 キャラ弁 トミカ キッズ おやつ 端午の節句 子供の日 運動会 小田原鈴廣かまぼこ


超特選蒲鉾 古今 白 かまぼこ 蒲鉾 贈り物 ギフト 内祝い お土産 老舗 小田原 箱根 ご当地 グルメ 詰合せ 詰め合わせ お取り寄せ 小田原鈴廣かまぼこ 敬老の日 お歳暮 お中元


超特選蒲鉾 古今 紅 かまぼこ 蒲鉾 贈り物 ギフト 内祝い お土産 老舗 小田原 箱根 ご当地 グルメ 詰合せ 詰め合わせ お取り寄せ 小田原鈴廣かまぼこ 敬老の日 お歳暮 お中元

4.おわりに

 以上が、「かまぼこトミカ」のご紹介です。老舗の「かまぼこ屋」と「おもちゃ屋」のコラボという、面白い組み合わせですが、味もしっかりと老舗の味でした。

 小さいうちに「トミカ」につられて、こんなにおいしい「かまぼこ」の味を刷り込まれてしまうと、大きくなってからはおいしい「かまぼこ」しか食べられなくなるというのを狙った【鈴廣】の戦略は、さすがだと感じました(もし純粋に、おいしい「かまぼこ」を小さい子にも食べさせたい、という思いからだったらごめんなさい)。

■■■【提携先総合オンラインショップ】■■■